FP相談 家計の見直し

ホーム > FP相談 家計の見直し

FP相談 家計のホームドクター 日本FP協会

FP ファイナンシャルプランナーとは

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。

ファイナンシャルプランナーの資格は、主に①CFP、②AFP, ③ファイナンシャルプランニング技能士(1級~3級)の3つです。

ファイナンシャルプランニング技能士は、一度試験に合格すれば資格の更新のための教育などは不要です。
しかし、年金制度や社会保障制度、住宅ローン、保険など、暮らしにまつわる制度などは日々変わっていくので、常に知識を最新化してアドバイスできるようFP自身も知識のアップグレードが必要です。

CFPとAFPは、日本FP協会に所属するファイナンシャルプランナーです。資格を更新するためには、2年ごとに継続教育の単位を取り、情報や知識を日々アップグレードし、知識や実務レベルの向上に努めています。

FPを選ぶときには、CFP資格・AFP資格を
持っているFPを選ぶことをお勧めします

当事務所所属のFP は全員日本FP協会所属の CFPとAFP (全員女性) です。

***************************
どんな相談が多いの?
***************************

当事務所では、下記の相談が多いです。
  1住宅資金 
  2保険 
  3教育資金 
  4老後資金
  5貯蓄・投資 
  6赤字・節約
 

住宅ローン

夫婦共働きだがペアローン組んだ方が良い

頭金がなくても購入できる?

繰り上げ返済するべき?

住宅販売会社は、35年ローンをすすめるが、完済年齢が70歳を過ぎるので心配。

賃貸か持ち家か

住宅ローンの借り換え

保険

死亡保障の終身とはどういう意味?加入したほうが良い?

必要な保険に加入できているのか相談したい。

子どもが産まれたのに、保険嫌いの夫が死亡保障にすら入ってくれない。

保険料が気づけば高額に。

医療保険に加入したいがどれに加入すれば良いかわからない。

貯蓄

なかなか貯金ができない、貯蓄が増えない

節約しているのに貯蓄が増えない

教育資金

奨学金は借りたほうが良い?

教育資金がある程度貯金していたが、遠方の大学に通うことになり仕送りが想定外に大きくなった。

私立の学校に通うことになり、想定外の教育費がかかることになった。

老後資金

介護になるとお金がかかりそう。

老後資金、いくら用意すれば良いの?

赤字

車のローンや住宅ローンで毎月赤字に。

理由はわからないが、なぜだか毎月赤字に。

共働きだったが、妻の出産で収入が減り、毎月赤字に。

増やす

投資などをして増やすべきか?

Wの悲劇

教育資金がかさむ時期に、老後になってしまう。



当事務所所属FPは、得意分野・専門分野を持っていますので、ご相談内容により、担当FPを決めさせていただきます。

    -------
 Ω 投資や貯蓄に強いFP
 Ω 多くの保険会社の保険を知り尽くしているFP
 Ω 30年後50年後の収支をキャッシュフロー作成し、家計見直しに役立てる緻密FP 
 Ω 携帯電話の見直し、出費の見直しなど、節約アドバイスが得意なFP  
 Ω 3大資金(住宅、老後、教育)についてのアドバイスが得意なFP  など

    -------


相談内容を簡単で結構ですので記入していただき、下記フォームからお申し込みください。
日程の調整をさせていただきます。

初回相談は15分~30分程度は無料です。
電話、ZOOM、メールなどの非対面も可能です。

お問い合わせ
トップにもどる