任意後見制度

ホーム > 行政書士 > 任意後見制度

任意後見制度 高齢化に備える

ご高齢の方、障がいのある方が、ご自身の意思に最大限尊重しながら、安心でその人らしい自立した生活が送れるよう、財産管理、身上保護を行ってサポートしていく制度です。

将来どんなサポートを受けるのかを
本人が決めることができる制度です


任意後見制度は、十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になる場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自身の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

契約しておくことで、本人の判断能力が低下した後に、任意後見人が、任意後見契約で決めた事務について、家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと本人を代理して契約などをすることによって、本人の意思にしたがった適切な保護・支援をすることが可能になります。
お問い合わせ
トップにもどる